はぐれ猿でも、投資がいいんだ。

ふりむけばやさしさに飢えた弱肉強食の世界で

ゾーン~「勝つ」相場心理学入門~①

最近は金利が上昇して、

株式市場に変化が来ているけど、

日本市場はレンジ相場だったので、

思い切ってしばらく相場はお休みしてました。

 

その分浮いた時間で読書してますが、

最近読んでいるのがこちら。

文章が固くて読み進めるのに時間かかるので、

何回も取り上げるつもりです。

 

同じことを難しい言葉で

何度も繰り返してる印象があるけど、

8章の初めまで読んで言いたいことは、

期待値的な考え方を持とう。

だけど相場はいつも全く

同じことはあり得ないから、

期待しすぎてはいけない。

これに尽きるのかなと思う。

 

人それぞれ戦略をもって、

相場に臨んでいると思うし、

勝てるだろうと期待してしまうけど、

その戦略は須らく過去を見習っているんだよね。

それは自分で考えた戦略にしろ、

他人から教えてもらったものでも同じ。

未来は誰かトレーダー1人でも、

予想外の動きをしたら

変わる可能性があるのだから、

100%勝つことはありえない。

なのに損すると悔しがったりするのは、

まだ期待値的な考え方を身に着けてないと。

だから60~70%くらい勝てると思えば、

いいのかなと私は解釈しました。

パチンコでいうトータルで勝つ。

負けは投資という考え方は見習うべきなのかも。

 

ちょっと脱線するけど戦略というものは、

個人的には自分で創造すべきだと思う。

たとえほんの少しのアレンジだとしても、

自分で考えたものには責任を持てるからね。

責任が伴うと失敗したとしても学びがある。

結局その学びが長い目で見て勝つことにつながると

これまでの投資人生で実感します。

 

本著を読んでると、

もっと早く知っていれば損せずに済んだのに!

ということはもちろん、

わかっててもできなかったことも思いだす。

今ならAmazonアンリミテッドで読めるので、

よかったら一緒に読みませんか?

(読みにくいので紙でもいいと思うけど)

<a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11133929" target="_blank"><img src="https://b.blogmura.com/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキングにほんブログ村へ" />にほんブログ村</a>