はぐれ猿でも、投資がいいんだ。

ふりむけばやさしさに飢えた弱肉強食の世界で

読書(投資)

オニールの成長株発掘法第11章②〜損切りを減らす二つのカギ

売りのルールを学ぶ前に、損切りを減らすカギついて知っておきましょう。売りの大半は、実は損切りであることが少なくありません。 損切りの回数が減れば、それだけ投資成績は向上されます。

板情報トレード第2章②~失敗の原因

失敗を見つめ直すことは、恥ずかしいことでつらいことかもしれません。 しかし失敗から学べることは、どんな教材よりも私たちを成長させてくれます。今回は、そもそもなぜトレードで失敗するのか考えてみましょう。

オニールの成長株発掘法第10章⑦~あなたは投機家か、それとも投資家か?

あなたは投機家か、投資家か?大きな損失から身を守るための確かな防衛策を学びましょう。 常識と思われるものとは別の視点で見ることで、新たな気付きが得られることがあります。典型的な投資家がやりがちな失敗から学ぶための記事です。

板情報トレード第2章①~身銭を切ってトレードする

まずはデイトレードを行うまでに必要な準備について学んでいきます。 ビギナーはいくら元手を用意すればいいのか?投資成績はどうやって測ったらよいか? ワイコフは、こうした疑問に答えてくれています。

オニールの成長株発掘法第10章③~買値から8%の下落で損切り

損切りのルールは、投資を始める前から準備しておくものの一つです。みなさんはどんなルールを用意していますか? 本書のルールは極めてシンプルで、最低でも買値の8%の含み損となったら例外なく損切りします。

板情報トレード第1章⑧~ニュースの影響力

ワイコフは、本書を書いた(しかも匿名で)目的について改めて説明してくれています。 この目的を忘れずに、本書を読み進めると理解が深まるでしょう。今回は本書の目的を中心に、ニュースの影響についても学んでいきましょう。

板情報トレード第1章⑦~相場を読む5つの知識とは?

デイトレードするときはもちろん、あらゆる取引を行う上で重要になる5つの知識を中心に読んでいきます。名作と呼ばれる本では、必ずと言っていいほど何かしら触れるものですが、改めて心に刻んでおきましょう。

オニールの成長株発掘法第1章18~チャート100本ノック39~40本目

チャート100本ノックでは、時系列順に関連記事や注釈等をまとめています。古いチャートは自力で出力できなかったため、本書を片手に読んで頂ければと思います。

オニールの成長株発掘法第9章17~M:マーケットの動向まとめ

本章はボリュームが大きかったため、まとめの記事を作りました。マーケット全体の動向を読み取ることが出来なければ、大化け銘柄を保有することはとても難しくなるでしょう。そして身を守るうえでも役に立つテクニックです。 しっかり身に付けて、これからの…

オニールの成長株発掘法第9章16~M:買われ過ぎ・売られ過ぎなど

売られ過ぎだから買うべき、買われ過ぎだから売るべし。この感情は社会生活では極めて合理的なものですが、投資においては全く事情は異なります。今回はこの買われ過ぎ・売られ過ぎ指標と、その他のテクニカル指標を併せて紹介します。

オニールの成長株発掘法第9章15~M:平均株価と出来高を1時間ごとに確認する

マーケットの転換点を見極める上で、日足チャートで確認してきました。すると一日単位で確かめるために、どうしても出遅れることもあります。 今回はそのラグを埋めるために、1時間足で平均株価を確認する方法と実際に使う場面を学んでいきます。

板情報トレード第1章⑥~コンスタントに利益を手に入れる

あなたはイチロー型かゴジラ松井型か。コツコツヒットを重ねてアベレージを高めるか、または一発ホームランを狙うかについては、投資の世界でも議論されます。 デイトレーターたちが目指すタイプは、はたしてどちらでしょうか?

オニールの成長株発掘法第9章14~M:騰落ライン・金利動向

前回は、市場平均以外の動きからマーケットの転換点を探る方法について学びました。今回もその続きで、騰落ラインと金利動向です。金利動向はマーケットに大きな影響を与えるため注意を払いますが、騰落ラインはデイトレードに限定して使う方が良いでしょう。

板情報トレード第1章⑤~テープはすべてを映す鏡

前回から引き続き、テープ解読について見ていきます。 これはチャートでも同様のことが言えます。コツは株価と出来高の動きから、機関投資家の足跡を見つけることです。

オニールの成長株発掘法第9章12~強気相場は最初の2年が儲けどき

マーケットの底を見極めて、強気相場の序盤で株式を買うことができれば大儲けのチャンスです。スタートが早ければ早いほど、強気相場で儲けるチャンスは大きくなります。 今回は強気相場について学んでいきます。

板情報トレード第1章④~相場の5つのステータスを見分ける

テープ解読をすることによって、今の相場がどのようなステータスかわかるようになります。今回は、相場の5つのステータスについて紹介していきます。

板情報トレード第1章③~勝利の方程式はなくてもプロになれる

テープ解読をすることで、一流のスキャルピングやデイトレードの近道となります。しかし公式を知れば機械的に勝てるものではなく、テープリーディングはやはり人間の力が必要になる技術です。

オニールの成長株発掘法第9章⑩~まだある弱気相場の警告

マーケットが弱気相場入りするサインは、他にもいくつかあります。例えばボロ株が台頭するときには、すでに末期といえるかもしれませんし、天井付近の弱々しい上昇が警告になるかもしれません。 今回は、そんなマーケットからの警告について学んでいきましょ…

板情報トレード第1章②~トップトレーダーの「メンタル」とは?

精神力の大切さについては、どの投資本を読んでも口を酸っぱく述べられています。 偉大なテープ研究家であるワイコフも、メンタルの大切さについて説明しています。そうだよね、と納得しながら読めるようになれば、あなたも一流の投資家へ一歩近づいたといえ…

オニールの成長株発掘法第9章⑨~M:主導株から市場の天井を見極める

今回は天井における主導株の動きについてです。例えば天井を付けて弱気入りする前に、たいていは主導株に怪しい動きが現れます。それらのサインをどう扱うか、投資家の腕が求められるかもしれません。

板情報トレード第1章①~ティッカーテープとは

今回は、チャートソフトが充実していなかった時代に重宝された、ティッカーテープについて見ていきましょう。現代で言うところの歩み値に当たります。

板情報トレード~序文

本日から、株価の気配値や歩み値の板を使ってトレードする方法を学びます。当時はチャートソフトも充実していなかった時代なので、本書を読む際はチャートも併せて使ったらどうか考えながら読むと良いでしょう。こんなに惜しみなく、板読みの知識やテクニッ…

オニールの空売り練習帖第2部⑥~支持線―空売りを手仕舞いするポイント

支持線のブレイクは売るときによく使われますが、空売りではそうはいきません。ただでさえリスクの大きい空売りは、その後の反発で踏み上げを食らうことが少なくないからです。 オニールは、支持線のブレイクは空売りの手仕舞いで使うことを勧めています。

オニールの成長株発掘法第9章⑤~M:暴落から身を守る

マーケットがとうとう暴落の兆しを見せたら、一目散に逃げなければなりません。財産の全部、ないし大部分を安全な場所に避難させる必要があります。今回はどうやって暴落から身を守ればいいか学んでいきましょう。

オニールの空売り練習帖第2部⑤~注意すべき5つのテクニカルの動き

株価下落の予兆は、手仕舞いするときはもちろん、空売りするときにも参考になります。今回は空売りする際に注意すべき5つのテクニカルな動きについて学びましょう。オニールがよく使う専門用語が出てきますので、併せて覚えると理解が進みます。

オニールの空売り練習帖第2部④~ダイアグラム2

典型的な空売りのパターンその2、ダイアグラム2を学びましょう。ダイアグラム2では、後期ステージのベースが崩れたところから始まります。ただしそれ以降はダイアグラム1と同様ですので、復習も兼ねながら読んでいきましょう。

オニールの成長株発掘法第9章④~M:長期投資を含み損の言い訳にしてはいけない

資産形成を行う上で、長期投資は国からも推奨されており、着実に成果を得る有効な手段でしょう。しかし、長期投資が含み損の言い訳になってはいけません。今回は、損失を取り戻すことがいかに大変であるか、そして弱気相場ではポジションを整理する必要があ…

オニールの空売り練習帖第2部③~反発の見極め

今回は、前回扱ったダイアグラム1の例外について学んでいきます。 単純にダイアグラム1に従えば、簡単に空売りで儲けられるわけではありません。どんな事にも例外はあり得ます。実際に空売りを仕掛ける前に、この例外について詳しく知っておきましょう。

オニールの空売り練習帖第2部②~ダイアグラム1

本章から、実際の例を分析して空売りへの理解を深めましょう。空売りをするときに何を見ればよいのかという実践的な理解を深め、第1章で学んだ基本知識を応用しましょう。今回は、2つある典型的なパターンのうちの一つ目です。

オニールの成長株発掘法第9章②~M:相場サイクルの各段階

株式投資で成功するためには、まずは市場全体のムードを把握する必要があります。今回は、新しい相場がどうやって始まるのか学んでいきます。