はぐれ猿でも、投資がいいんだ。

ふりむけばやさしさに飢えた弱肉強食の世界で

オニールの成長株発掘法~第11章④「支持線のブレイク」【ブログ解説】


裏打ちされた売りのサインには、どのようなものがあるかを知ることが大事です。

本著の中でも特に重要であり、入り口を教える投資本は多い中で出口を示す投資本は貴重です。

せっかくなので、本著とは別の日本株のチャートを用いて説明していきます。

前回からクライマックストップ、出来高に続いて、今回は支持線のブレイクによる売りサインを学びます。

売りのテクニカル指標(再掲)

  • 個々の大化け銘柄とマーケット全体がどのように天井を付けたかを調べることで、株価が天井を付けて下落を始めるときに示す兆候をいくつか発見した。
  • 情報通の投資家が売っているのを見たら、あなたも売るべきだ。
  • ファンダメンタルズ指標は売るときにはあまり当てにならない。
  • 異常な市場の動向(株価や出来高の動き)に基づいて売る必要がある。
  • 天井を正しく見極めるには、いくつかの目安がある。クライマックストップ前後の動き、出来高の減少、そのほかの弱さを示す動きなどである。
  • このような情報を研究し続けて、日々の判断材料として使い続けていれば、その多くがよりはっきりと見えるようになるだろう。

前回の記事は下記リンク先をご覧ください。
gyatuby.hatenablog.comgyatuby.hatenablog.com

以下、内容が非常に濃く重いです。
そこで私見ですが重要度や使用頻度から独自に3段階でつけました。

まずは他のサインは頭の片隅に置いて重要度の高いものから吸収してください。
何度も読んで少しずつ身につけましょう。

そして本著のチャートも古かったため、直近の日本株のチャートを載せています。
本著と合わせて参考にしていただければ幸いです。

なお、チャートの読み方については第2章で扱っています。
もう一度復習してから、この売りのルールを読むと頭に入りやすいです。
gyatuby.hatenablog.com



支持線のブレイク(★★・)

支持線のブレイクとは、主要なトレンドライン(支持線)を下に抜けてその週が終わった時のことを指します。

長期の上昇トレンドラインのブレイク(★★★)

  • 1週間の終わりに、重要な長期の上昇トレンドラインを株価が下に抜けて引けるか、大商いを伴って重要な支持線を株価が下にブレイクしたら売りのサインだ。
  • 上昇トレンドラインは、数カ月の期間で1日あるいは1週間の安値を最低3か所選び、それを線でつなぐように描く。
スマレジ週足 出所:Investing.com

このチャートでは、売るタイミングとしては遅かったかもしれませんが、最後の逃げ時としては有効に機能しています。

簡単に引いてるように見えますが、これは値下がりした後に引いているからです。

実際に使う場合は、何本か引いて有効なトレンドラインを探していきます。

なお短期間のトレンドラインは有効ではありません。



1日の株価下落が最大(★・・)

  • 株価が大きな上昇をした後に突然、上昇を始めて以来最大の株価下落を記録したら、ほかの指標でも下落のサインがあるかを確認し、あれば売りを考える。
スマレジ日足 出所:Investing.com

先ほどの週足チャートを日足に変更したものです。

トレンドラインのシグナルより早めに点灯しています。

週足チャートでもちょうど急落している箇所でシグナルが点灯しています。

このケースでは他のテクニカル指標でも、たとえば出来高がこの日に急上昇しているため逃げやすかったかもしれません。



週間出来高が最多になって株価が下落(★・・)

  • この数年間で最多の週間出来高を伴って株価が下落したら、売りのサインである場合がある。
レーザーテック週足 出所:Investing.com

この時には下落がはっきり確認できることが多いため、こちらもほかの売りシグナルもあわせて確認しましょう。


200日移動平均線が下向き(★★・)

  • 200日移動平均線が長期にわたって上向きだったのに、下向きに変わったら売りを考える。
  • 弱いベースを作り、そのベースの下半分で株価が推移してからベースを抜けて新高値を付けたり、あるいは200日移動平均線の下で新高値を付けたら、売る。
日経平均株価 日足 出所:Investing.com

個別株ではありませんが、日経平均株価の週足チャートを取り上げました。

ちょうど200日移動平均線抵抗線として機能しているという日経記事を見たためです。

売りサインに従えば、28,800円近辺(2021/12/17)で売っています。

現在も200日移動平均線は下向きとなっています。


10週移動平均線の下で停滞(★★・)

  • 株価が長期にわたり上昇したあと、10週移動平均線の下で引けて、8~9週にわたってこの移動平均線にとどまって平均線の上へと値を上げて引けることができない場合、売りを検討する。
レーザーテック週足 出所:Investing.com

これは週間出来高が最大だったときのチャートと同じです。

現在進行形で10週移動平均線を下回っています。

はたして今もなお売るべきだったかどうか。

これからの株価の値動きに、私も注目しています。


おわりに

初めてこの章を読んで思ったのは、「売りシグナルが多すぎて結局どこで売ればいいのよ」でした。

利確を早まったこともありますし、売りそびれたこともあります。(これは投資家あるあるだと思いますが…)

一番悪いのが、売り損ねたなどでメンタルにダメージを受けて、感情任せにトレードすることです。
そうした事態を防ぐテクニックを1つ紹介します。

それは「売るタイミングを3分割または4分割して、自分で決めた売りサインが現れたら機械的に売却すること」です。

一部でも利確することで、精神的にはだいぶ楽になるはずです。

もちろん最後の逃げ時になったら逃げたほうがいいですが、何も目安もない状態でトレードするよりは成績を残せるのではないでしょうか。

海図も持たず海に出る航海士はいません。


次回で売りのテクニカル指標については最後になります。

また逃げちゃいけない時についても、併せて読んでいきますのでお楽しみに。
gyatuby.hatenablog.com

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村